2019年6月18日チャート分析

こんばんは、あおはるです。ギリギリ19日になってしまいましたが、18日のチャート分析を行っていきます。今日は結構動きましたので、ポジションを入れた方も多いかもしれませんね。ユーロに何かあったのか全くニュースは見ずに、チャート分析のみなのでわかりませんが、ユーロの下落が目立ちましたね。

今日はずっと前から言っていた、ユーロニュージーが転換点を迎えた可能性があります。ここの下落をずっと待ってました。3月からショートポジションを持っているので、下落に転じてもらえると、ロングで利確、ショートでも利確でダブルで利確になります。

それではチャート分析していきます。今日もだいたい5分程度の分析で終了でした。

ユーロフラン

ユーロフランの日足チャートです。今日も特にやることないです。3秒でチャート画面を閉じました。笑 次いきます。

ユーロニュージー

ユーロニュージーの日足チャートです。先日から落ちる落ちると言っていた分がやっと落ちましたね。一瞬でかなりの下落です。これはかなりの自信があったのですが、私の場合一番上のショート分だけ損切りにギリギリかかってしまって、あと2pips上に設定していれば損切りされずに済んだという。。。

やっぱり損切り貧乏はダメですね。ゆとりを持って、ギリギリに損切り置くとレバレッジもあるFXでは狩られる可能性高いです。皆さんも気をつけてください。この通貨ペアはさらに下落して行く可能性がありますので、要チェックです。

ニュージードル

ニュージードルの日足チャートです。こちらも先日の予想通り反発しました。どこまで上昇するかはわからないので、早めの利確がいいかもしれませんね。もう少し下落する可能性も残っています。私はもっと上まで目指す予定ですけど。

ポンド円

ポンド円の日足チャートです。ちょっと下げすぎだったので、0.4ロット分のショートを利確しました。もう少し早めにみれてれば、もっと下で利確できていたので残念でした。そして、今回はロングを0.05ロットだけ買い増ししました。下には再度セルストップを置いて、下落時も対応OKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。