エリオット波動第3波を狙う!続編

こんばんは、あおはるです。今回はアクセスの多かったエリオット波動の第3波を狙え!という記事の続編ということで、実際のチャートを見て理解を深めていただこうと思いましたので解説していきます。

エリオット波動とは

そもそもエリオット波動とは、なんぞや?という方向けに、エリオット波動の基本を説明します。前回も上昇5波のみの説明で、エリオット波動は知っていること前提で話をしていました。

エリオット波動とは、上昇5波、下落3波の波のことです。なんのこっちゃということで、チャートを使って説明していきます。

ほんと汚くて申し訳ないです。スマホではこれが限界なのでw

とりあえず赤線を引いてあるのと、番号を打ってます。先の上昇5波が赤線にあたります。1波目があって、少し下げての2波、またあげての3波、また少し下げての4波、最後に少しあげての5波目です。上昇5波動と言いつつ、その中での上げ下げがあります。上昇5波動は上昇→下落→上昇→下落→上昇の5段階で上げていきます。

そして、その上昇5波動が終わったあとに、下落に転じます。青線と番号を打ってますが、青色のライン1で下げて、2で少し上げて、3で大きく下落をしています。下落3波は下落→上昇→下落の3段階で落ちていきます。

そして、この上昇5波動と下落3波動を合わせてエリオット波動と言ってます。

ここまで大丈夫でしょうか?わからない場合はもう一度読み返してもらえればと思います。

エリオット波動第3波を狙った具体例

エリオット波動の基本も抑えましたので、早速チャートパターンを見ていきたいと思います。なぜ3波を狙うのかは、前回のエリオット波動の第3波を狙え!の記事を読んでもらえればと思います。

ドル円の日足チャートです。これは上昇ではなく下落から数えてますので、下に5波動を形成しながら落ちています。これは現在のチャートで、今後のチャート次第でエリオット波動が形成されるかどうか確定します。

かりに天井付近から、109円付近まで下げた場合、前回の安値も下回っているので、下落トレンドに転換した可能性があります。ここで一旦寄り付くことを確認するのですが、フィボナッチを図の様に引いて上を0、下を100とします。

そうすると、上昇の目安の候補は、61.8%、50%、38.2%になります。ここはフィボナッチを使う人が多いことから意識されて、転換する可能性が高い場所です。今回は50%のところで下落を始めていますので、高値も切り下げたので、下落トレンドが決定しました。ですので、この50%ライン付近でショートを入れます。

そして、利確ポイントの目安はフィボナッチの161.8%です。第3波はここまで伸びることが多く、この場所まで利益確定させずに我慢しましょう。ここが意外と我慢できないんです。

で、今回は運良く161.8%のところまできましたので、運良く50%でエントリーできていたとしたら、

ショート110.515円→利確107.225円でおよそ3.3円分の利益を得れたことになります。330pipsですね。ちなみに損切り設定は112円付近になります。

ということでらドル円に関しては5波動目が形成されている可能性がありますので、こんご上昇3波が来る可能性があります。わたしもドル円のショートを建値決済を入れて、上昇に向けて準備をしました。

同じ様な状況になっている通貨ペアがありまして、ポンドドルです。

こちらも下落が5波動あり、転換しようかどうかといったところです。今回は38.2%で転換してますので、ここで運良くショートを入れることができればオッケーです。こちらも161.8%を達成しましたので、大きく利確ができました。

ここから、直近安値、高値を更新続けてれば次は上昇に転じますのでロングを入れる機会を待ちます。

ちなみに、エリオット波動はダウ理論を派生させたものなので、基本はダウ理論を優先させてオッケーです。エリオット波動を使って、天井や底を予想するのに使えると思います。ただ、結局天井当ては100%は無理なので、チャートが出来上がった時にエリオットが仕上がったと認識できるのです。おまじない程度でしょうか?笑

まとめ

今回の例では単純なエリオットを見つけられなかったので、下落で5波動というところだけになってしまいました。こういう形もあるんだな、というぐらいに思っていただければと思います。今回は私がよく使っている日足のチャートで見ていきましたが、時間軸は特に関係なくて、短期足でも見ることが可能です。ただ、流れとしては長期足の方がみやすくなりますので、そこはあなたのやりやすい時間軸でやってみてください。

それでは。

エリオット波動 ダウ理論3波を狙う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まず始めに自己紹介をしていきます。1986年生まれの33歳、サラリーマンをしています。10年以上サラリーマンを続けていましたが、将来の夢は投資家になるのが夢です。会社の安定性は良いのですが、雇われることに抵抗があるのか、昔から自分で仕事を立ち上げたいという気持ちもあります。ただ、家庭もあり行動に起こせない小心者ですので、まずは投資にて、資産を増やして、経済的、精神的に気持ちを楽にしてからにしたいと思い、2018年からFXを本格的に始めました。